乞食感を出さずにAmazonの「欲しいものリスト」で物乞いをする方法




こんにちは、まきのです。

突然ですが、Amazonの「欲しいものリスト」、便利ですよね。

そこに自分が欲しいアイテムを登録しておけば、「ウチ、これ欲しいねん・・・」というアピールができるだけでなく、誕生日祝い、結婚記念、ニ階級特進、逝去など、節目のお祝いの際にそのページをチラつかせることで、友達がプレゼントを贈りやすくなる・・・という便利な機能です。

「何を贈ったらいいか迷う」という人は欲しいものリストをチェックすればいいし、「こんなんウチの欲しいもんやない!」といういらないプレゼントをもらうこともないという、あげる人ももらう人もお互いが気持ちいい関係になれるという素晴らしいシステムなんですが、ただ一つ欠点をあげるとしたら、「浅ましい」「がめつい」「乞食」「きしょい」「天然パーマ」「乞食」「死ね」「乞食」と言ったネガティブな点です。

ですがそんな欲しいものリストをうまく利用して、「周りから煙たがられることなく自分が欲しいものだけを効率よくもらう方法」をお教えします。










 



わたしが皆さんに提案したいことはこれです。

「読者参加型のコンテンツに昇華させる」

ということです。わたしが行った方法はこのようなものでした。



先日、わたしは引っ越した際、facebookにこのような写真と一文を添えました。



1.jpg

「引っ越しましたが、物が何も無いので皆様からの引越し祝いをお待ちしております。ほしい物リスト→http://〜〜〜」


このあと「同じ構図」で、ものをいただく度にここに追加していくのです。










2.jpg

「Aさんから、バスマットをいただきました・・・」










3.jpg

「Bさんから、食器をいただきました・・・」










4.jpg

「Cさんから、フロアライトをいただきました・・・」

こんな調子です。
皆さんのありがたきプレゼントが、わたしの報告に反映されていきます。










5.jpg

わたくしそっくりの植物(欲しいものリストの物ではないが最高)









6.jpg

センサーで光るライト





そしてここまで来た時に、この報告を見ていたあなたはきっとこう思うはずです。

「俺も(私も)(あたいも)(ぼくちんも)贈りたい」と・・・。
そうなればもう大勝利です。

この調子でわたしは乞食感を出さすに色々なプレゼントをいただくことができました。皆様には本当に感謝しております。実際ここまでいただけるとは思っていなかったので、マジでありがたいと思っています。いやマジでマジで。マジだって。

その後も色々いただきました。










7.jpg

コーヒーメーカー










8.jpg

ホットサンドメーカーとハンドミキサー
(一人で二つも贈ってくれた方がいたので、一つとしてカウント)










9.jpg

そして最終的に、弊社代表シモダからテーブルと椅子をいただきました。
もう立派な、部屋となりました。



これから引っ越しを考えている皆様、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?














後日、こんな会話がありました。



シモダ「そう言えばテーブル届いた?」

わたし「届いたよ、ありがとうありがとう」

シモダ「そうか・・・??ふむ・・・??」

わたし「いやまさか しもやんからもらえるとは思わなかったからびっくりした」

シモダ「そうかそうか・・・????」

わたし「そう言えば同じテーブルセットが2個届いたんだけど、発注ミスだと思って受け取り拒否したわ

シモダ「え!?」

わたし「え」

シモダ「あのシリーズで最後にオチをつけてやろうと思って、わざわざ別ルートから日をずらして同じものを注文してやったのに!!!!

わたし「え・・・」

シモダ「・・・(がっかりした顔で喫煙所に無言で消えていく)」



わたしは、あの時のシモダのがっかりした顔を、生涯忘れることは無いでしょう・・・。


〜FIN〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.04.08 Tuesday author :まきの category:雑談 comment:- このエントリーを含むはてなブックマーク
プロフィール
  • 原始人
  • 原 健一郎
  • バーグハンバーグバーグのスタッフの工場長。弊社運営のWEBマガジン「オモコロ」では、原宿と名乗っています。好きなおかずは「ご飯と合うおかず」、好きな家は「屋根がある家」です。よろしくお願いします。

    ▶原健一郎のTwitter
    ▶原健一郎のfacebook
  • コラーゲンッピー
  • 柿次郎
  • バーグハンバーグバーグの雑用係として、時給400円で雇われた柿次郎です。胃腸の弱さには絶対的な自信があります。好きな紙は“給料明細”、嫌いな紙は“督促状”です。

    ▶柿次郎のTwitter
    ▶柿次郎のfacebook
  • アレサンドロ
  • まきのゆうき
  • バーグハンバーグバーグのディレクター。弊社運営のWEBマガジン「オモコロ」では副編集長を務めています。給料は現状サツマイモ2本/月で、何とかやりくりしています。

    ▶まきのゆうきのTwitter
    ▶まきのゆうきのfacebook
  • パンチ
  • 永田 智
  • 代表取締役シモダに「仕事やめ〜や」と言われた翌朝に辞表を叩きつけ、そのままバーグハンバーグバーグへ入社いたしました。好きな髪型はパンチパーマです。

    ▶永田のTwitter
    ▶永田のfacebook
  • 加藤 亮
  • バーグハンバーグバーグの編集者です。もともと肉屋でしたが、豚アレルギーになって肉マスターの道を諦めました。アトピーとぜんそくを治したいので入社したのですが、ひどくなる一方です。

    ▶加藤のTwitter
    ▶加藤のfacebook
  • ARuFa
  • バーグハンバーグバーグに新卒で入社したARuFaです。 平和な森で暮らしていたら、ジープに乗った社長に虫取り網で捕獲されてそのまま入社しました。宜しくお願い致します。

    ▶ARuFaのTwitter
    ▶ARuFaのfacebook
  • かんち
  • 肥満に悩んでいたところ「バーグハンバーグバーグに入れば絶対に痩せられるから!」と誘われて入社しました。福利厚生で輪ゴムがたくさん支給されるのでご飯代わりに毎日噛んでいます。おかげさまで体重が10キロ落ちました。

    ▶かんちのTwitter
    ▶かんちのfacebook
過去の投稿