SIREN2の10周年記念ニコ生に出演しました



こんにちは!株式会社バーグハンバーグバーグのギャラクシーです(上の写真で言うと右下です)。

突然ですが、今から10年前…2006年の2月9日といえば何の日かご存知でしょうか?

そう、

プレイステーション2用ホラーゲーム「SIREN2」が発売された日ですよね!




※SIREN2とは
2006年2月9日にプレイステーション2用として発売されたホラーゲーム。
「怖すぎる」という理由でCMが放送中止になった「SIREN」の続編となる作品であり、謎多きストーリーと、難易度の高いゲーム性で注目された。現在でもカルト的な人気を誇る名作。




というわけで先日、10周年を記念してニコ生で放送された「【SCE公式】『SIREN2』10周年生放送」 に、弊社から社長のシモダとギャラクシーが出演しました。



 一体なぜ、SIRENシリーズとは何の関わりもない我々が出演できたのか?
その説明には長い長い時間が必要なのですが…この場にて詳細にご説明申し上げますと、












以上です。


現在はバーグハンバーグバーグで社員として働いている僕ですが、実は入社の経緯がかなり特殊です。

僕がニコニコ動画に投稿していたSIRENシリーズの実況プレイ動画を、社長のシモダが気に入って、「バーグで一緒に働きませんか?」とスカウトしてくれたのです。

つまり僕の場合、SIRENのおかげで人生が激変したわけです。

います?そんな人? SIREN採用された人って僕の他にいますか? SIREN採用した社長って聞いたことあります?


それくらい僕らはSIRENを愛しているのです。




そんなわけで、ファン代表として出演することが決まってから数週間、あれよあれよという間に時は過ぎ、いよいよ放送当日。

天下の大企業ソニー・コンピュータエンタテインメント様から呼び出され、控室で緊張する我々の前に、巨大なメイクボックスを抱えた女性が現れました。



「準備よろしければメイクしていきますねー」



めっ、メイクぅ〜〜〜!? さすが大企業様や〜! 僕のような者にまでメイクの人をつけてくれるなんて! まるで芸能人になった気分!!

キレイになりすぎちゃってファンクラブとかできたらどうしよう…?





「ほうほう、最初に下地のファンデーションを塗って……なんか薄っすら青っぽいファンデーションですね〜ハハハ」









ってこういうことか〜い! メイクってこれか〜い!!



な〜んて、実際は出演が決まった際にこちらから「屍人になりたい!」「闇人のメイクしてください!」と頼み込んだんですけどね!
※屍人・闇人=SIRENシリーズに登場する敵キャラクター


上の写真でわかる通り、結果的には僕が警官屍人のメイクをしたわけですが、実を言うと、最初はシモダが警官屍人になるはずだったのです。しかし警官の衣装をシモダが着てみたところ、







100%健康なハッピーポリスメンという雰囲気になってしまい、まったく怖くなかったため、僕が警官屍人を、そしてシモダは闇人のメイクをすることになったのでした。


ではせっかくなので、健康なベンチャー社長が、徐々に闇人に変遷していく様をご覧ください。





こちらがデフォルトのシモダです。苦手な食べものはピータンだそうです。







屍人の時は下地が青でしたが、闇人は緑を塗るんだそう。
毎日見ている顔が緑色になっていくなんて、すでにちょっと恐ろしいです。



本当の闇人になっちゃったらどうしよう……。










バカ殿になりました。


ヒトが闇人になるためには、途中で一旦バカ殿を挟む必要があるようです。






おぉ、血管を描き込むことでちょっとずつ怖くなってきました!

ちなみにメイクしてくれてるのはSIRENシリーズのデザイナー・高橋さんです。ゲームの撮影時にもこの方がメイクの指示をしていたということで、つまりこのメイクは公式であり本物ということです。






うわあああ! 怖い怖い怖い怖い!!!!

メイクが進むにつれ、どんどんヒトとしての姿が失われ、闇人に近づいてきました!!!!!
やばいって!!! これこのまま続けたらやばいってーーー!!!!!!!!







アホの尼さんになりました。



しかし最後に闇人特有の黒い布をグルグルに巻くと……




完全に闇人だーーーーー!!!

これゲームの中にいたわー! 何回も射殺されたわーーー!!!!!!
「早く死んでくださぁ〜い……」って言われながら追いかけ回されたわーー!!!










指を上手に使って、サンドイッチを頬張る闇人。

闇人の好物はカツサンドだということが判明した瞬間です(レタスのサンドイッチは残していました)。






本番前の緊張をほぐすため、喫煙所で一服する闇人。






屍人(左:ギャラクシー)と闇人(右:シモダ)。

本物のメイクをしてもらうというのは、SIRENファンにとってこれ以上ない喜びだったため、キャッキャ言いながら写真を撮りまくっていると……





いつのまにか本番の時間になっていました。

オープニングはこの御三方。
左から佐藤直子さん、外山圭一郎さん、北尾泰大さん。
一応説明しておくと、

・佐藤直子さん(SIRENシリーズの脚本家)
 =難解なストーリーを作ることが得意。僕が精巣摘出した記事を読んでお守りを買ってきてくれました。優しい!
・外山圭一郎さん(SIRENシリーズの監督)
 =サイレントヒル1や、グラビティデイズの監督もこの人。ほんとに天才。
・北尾泰大さん(宣伝担当)
 =Tシャツがでかい。

SIRENファンなら両親の次に尊敬すべき人々です。



ああ、憧れのあの人が目の前に……などと感動している場合ではありません。オープニングが終わるとすぐに我々の出番です。


「では最初のゲストをお呼びしましょう! 株式会社バーグハンバーグバーグから、社長のシモダテツヤさんと、ギャラクシーさんです!」






「どうもー、よろしくお願いします!」

元気よくご挨拶する屍人と闇人。さあ、視聴者の反応は……?





わかります。ヒトですらないんですから。「誰?」というか、「何?」ですよね。






そうですよね、この顔色で社長って言われてもね。




そんな感じで、SIRENシリーズのファンの皆様に温かく迎え入れてもらった我々。

ファン代表としてゲームに関する様々な質問を、スタッフの皆さんにぶつけてみました。


中にはSIREN2における最大の謎に切り込む質問も……!








そこそこウケました。



そんなこんなで楽しい時間はあっという間に過ぎ、我々の出番は終了。

あとで聞いたのですが、この放送、なんと視聴者が3万人以上もいたそうです(タイムシフト試聴を入れると4万8千人!)。10年の歳月を経て、なお衰えぬ人気を持つSIREN2が、いかに名作だったか伺い知れようというものですね。

出演前は「自分たちみたいな者がファン代表なんて、視聴者のみなさんに嫌われるんじゃないか」と心配していたんですが、




概ね好評だったようでホッと胸を撫で下ろしました。



はぁ〜、緊張したけど、めちゃめちゃ楽しかったぁ〜! おつかれさまでしたー!







打ち上げでは出演された役者の皆さんも含めて、SIREN愛に満ち満ちたトークが展開されました。
須田恭也役の篠田光亮さんも、木船郁子役の柳沢ななさんも、沖田宏役の笠兼三さんも、ホント心からSIRENが好き!って感じで、ファンとしてすごく嬉しかったです。  

そして深夜にまで及んだ打ち上げの後半、プロデューサーの池田さん(左側、エンジの服を着た女性)が、

「こんなに……10年経っても愛されるゲームになるなんてねぇ。あの時は苦労したけど、本当に良かったわ……」

目に涙をためながら語ってくれた姿を、僕は一生忘れないと思います。






その隣で、鼻に指を入れたまま爆睡してた外山監督の姿も、一生忘れません。






20周年記年や、30周年記念があるなら、またぜひ出演したい……


だって僕らは、










おしまい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.02.16 Tuesday author :ギャラクシー category:お仕事の紹介 comment:- このエントリーを含むはてなブックマーク

実はアニメのシナリオライターをしていた話



こんにちは、株式会社バーグハンバーグバーグの山口、ARuFa、加藤です。

突然ですが実は我々、とあるアニメのシナリオを制作しています。




そのアニメというのがこちらの『コトリサンバ』

平日朝6時45分からテレビ東京で放送されている、「おはスタ」にて放送されているショートアニメです。

早速ですが、まずは実際にアニメ本編をご覧いただけますでしょうか。1分なので今見てください。今です。



『みんなで応援!』



いかがでしょう。子供たちが応援のかけ声について議論し、最終的に鉄球を振り回すというお話です。

…果たして、こんな力技なオチが通用するアニメが未だかつてあったでしょうか。

ここからは、そんな「コトリサンバ」が、どのようにして作られているのかをご紹介したいと思います。







まずはお話の内容を決める「シナリオ会議」を社内で行います。

1週間に5話放送されるコトリサンバのシナリオは、まさにアイデアの数が勝負……

そのため、アニメのシナリオは我々の些細な日常から生まれることが多々あります。

例えば、冒頭にご紹介した「鉄球で応援する話」は、このような流れでアイデアが生まれました。


1.『みんなで応援!』



……それはある日、「運動会」を題材にしたシナリオを考えていた時のこと。




加藤「うーん…なかなか良いオチが浮かびませんね……」




山口「そうね〜……なんか腹減って来ちゃったわ……」




山口「……ん?」










加藤「え? どうしました?」




山口「え? いや、顔が……鉄球……え?」




ARuFa「どうしたんですか〜、らしくないですよ〜?」




「これだ〜〜〜〜〜!!」

そう、偶然にも加藤とARuFaの輪郭が「鉄球」と完全に一致したため、『鉄球を振り回す』という画期的なオチを生み出すことができたのです。

腹持ちのいい鉄球は山口の大好物。空腹状態の山口が人間の輪郭を鉄球と見間違えるのも無理もないことですよね。

……この他にも、日常の些細な出来事から生まれたお話はたくさんあるため、ここからはその例をいくつかご紹介したいと思います。


次のお話はこちらです。


2.『打ち上げ花火』



はい、夜空に「ウンコの花火」が打ち上がるという、小学2年生が夏休みに見た夢のようなお話です。

このお話のアイデアは、長時間におよぶシナリオ会議の後に行った居酒屋で生まれました。




この日は、お話のオチについて互いに意見が合わず、会議後の居酒屋でも言い争いになってしまう始末。

迫りくる締切による焦りと、一歩も引けない意地の張り合いにより、卓上はピリピリとした空気に。

……しかしそんな時、我々が注文した串焼きに添えられていた味噌が偶然にも、





「完全」だったのです。




これに気付いた我々は、すぐさま「ウンコの花火が打ち上がる」というオチを思いつき、急いで居酒屋を飛び出してオフィスに戻ることに。

オフィスに戻った我々は、猛スピードでシナリオを書き上げ、締切ギリギリで先方へと提出!

無事「原稿を落とす」という最悪の事態を回避することに成功し、その後食い逃げの現行犯として逮捕されました。



3.『スイカ割り』



こちらは公式設定を無視し、「主人公のチョコラは、目を閉じていても全てを把握できる」という設定を勝手に追加したお話です。

作品全体の世界観すら変えかねないこのお話ですが、アイデア自体はほんの些細な出来事から生まれました。




…それはいつものシナリオ会議中、今回のテーマである「スイカ割り」について話していた時のこと。




加藤「そういえば、プレデターってスイカ割りで目を隠された時はどう見えてるの?」




プレデター「え? いや普通っスよ。うちらは熱を感知して物を視ることができるんですけど…」




プレデター「大体こんな感じで、目隠ししてもスイカの位置はわかっちゃいますよね(笑)」




ARuFa「セッコ〜! おまセッコ〜! もうお前スイカ割りすんなや〜〜。親孝行しいや〜」




プレデター「はい! もうスイカ割りしません!」




ARuFa「真面目か〜。真面目かゆうてキミ〜〜〜。ほなさいなら〜〜」




プレデター「はい! さようなら!」











加藤「……そうか、主人公は『熱探知』ができる設定にするのはどうだろう?」

と、このように、企画会議に参加していた真面目なプレデターが話題を提供してくれたおかげで、今回のお話が生まれたのです。

「会議に新しい風を起こすのは若手社員」とはよく言いますが、プレデターもなかなかやるものですね。







…さて、そんなこんなで完成したシナリオは、絵コンテを描かれ、その後声優さんに声を当ててもらうことになります。

皆さんもご存知の「アフレコ」というものです。




シナリオライターである我々も、声優さん達の演技が自分達のイメージと合致しているか等を確認するため、アフレコには毎回同席します。

とはいえ、声優さんたちの演技は『完璧で完全な最高』なので、基本的に我々は無言でニコニコしていることがほとんどです。




…それでは、そんな声優さんたちは、我々がシナリオを担当している「コトリサンバ」のことをどう思っているのでしょうか。




という訳でここからは、実際にコトリサンバの声優を務めてくださっている上田麗奈さん(左)大谷育江さん(真ん中)釘宮理恵さん(右)にお話を聞いてみましょう。


●アニメ「コトリサンバ」の印象はいかがですか?



大谷さん「シュール! 短い時間だから、時に『起承転結』ではなく、潔く『起・結』だったり『起・転』だったりの時があって、そのやりっぱなし感がたまらなく面白いです!」

釘宮さん「とても可愛くて、とてもシュールで、毎回の収録が本当に楽しいです!!」

上田さん「1分間の中に、ぷぷっと笑えるネタが満載で、収録中も笑いっぱなしです。楽しくなれて何だか心もほっこりするような温かい作品だなぁと思いました。大好きです」


●好きなお話はありますか?

釘宮さん「名探偵ベリーニャが出てくると、ワクワクしてノリノリで演じてしまいます」

大谷さん「チョコラがキャンディちゃんに『付き合ってください』とちゃんと言えなくて、崖から突き落とされた話

上田さんヤシの実を顔で割ってジュースを飲む話


●好きな寿司ネタは何ですか?

大谷さん「うに」

釘宮さん「うに、サーモン、えんがわ、芽ネギ、かんぱち」

上田さん「あらゆるサーモン」


●寿司を食べる時は『箸派』? 『指派』?

大谷さん「箸派」

釘宮さん「箸派」

上田さん「箸派」

――ありがとうございました。我々は指派です。







……さて、以上が弊社がシナリオを担当しているアニメ、「コトリサンバ」の制作風景になります。

非常に楽しいアニメなので、みなさんも是非ご覧ください。




それでは最後に、目が覚めたら身長が急激に伸びていた時の経験からアイデアを得たお話を発表し、お別れのご挨拶とさせていただきます。




それでは、さようなら。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.02.08 Monday author :ARuFa category:お仕事の紹介 comment:- このエントリーを含むはてなブックマーク

【奇跡】クソ真面目な会社にふざけたプレゼンをして、通った時の話


こんにちは、バーグハンバーグバーグの山口です。
その昔、弊社社長が悪ふざけで自宅に等身大のシマウマを送りつけてきまして、現在でもそのままとなっております。


先日、弊社と三幸エステートさんとでベンチャーのすべてがわかるイベント「大ベンチャー展」を2016年2月3日に開催する事を発表いたしました。

 

すみません、ベンチャーの「すべて」はわからないです。嘘をつきました。

このイベントでは「家入一真のミイラ」「ホリエモンの恐竜」のなどの展示、そして有名なベンチャー企業やメディアの人達によるトークセッションセミナーという2軸をメインとして展開します。

正直、この発表がされた時「なんの事かわからない」「マジなの?」という声を多数いただきました。ですので、今日はその証拠を少しだけお見せできればと思います。


 
続きを読む >>

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.12.28 Monday author :山口 むつお category:お仕事の紹介 comment:- このエントリーを含むはてなブックマーク

地獄のミサワのキャラが映画に!映画「アリのままでいたい」が公開中です




こんにちは、山口です。


いきなりですが、地獄のミサワがアニメパートを担当した昆虫3D映画「アリのままでいたい」が好評公開中です。

 

「アリの目カメラ」という医療用のカメラを改造したもので撮影されており、ありえないくらいの接写シーンを数多く見ることができます。さらに、3D映画なのでカブトムシとかカマキリの戦闘シーンをめちゃくちゃ大迫力で見ることができるんですね〜!あまりの迫力に昆虫嫌いの人が見たらゲボ吐くと思う。



アニメパートのキャラクターデザイン、脚本などですね。声優にはなんとクレヨンしんちゃんの野原しんのすけ役でお馴染みの矢島晶子さん、野原ひろし役の藤原啓治さんにご出演いただきました。お二人は「カッコカワイイ宣言!」でも出演していただいています。


そんな僕らがお手伝いしたアニメパート。いくつか本編には盛り込み切れなかったボツ動画がYoutubeにアップされていますので、これ以外のアニメパートが見たくなった方はぜひ映画館まで足を運んでいただければと思います。ボツにすな。
 
 
 



ちなみに、「アリスのままで」というジュリアン・ムーア主演の良く似た名前の映画も公開中とのことなので、お間違えのないようにお願いいたします。


 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.07.17 Friday author :山口 むつお category:お仕事の紹介 comment:- このエントリーを含むはてなブックマーク

KIRIN「バタフライ」のWEBサービス「チョー変身」に、オモコロプロデュースの素材が追加された件



こんにちは、まきのです。今から新しい情報を次から次へお伝えします。

KIRINが新たに発売したアルコール料1%のお酒「バタフライ」のWEBサービスで、自分の顔写真を撮るとパッとトリミングされて別の写真にコラージュされる「チョー変身」というコンテンツがあるのですが、そこにオモコロプロデュースの素材が追加されましたので、お知らせいたします。

>「チョー変身」サイトはこちら<





スマホでパッと作れるのがウリなので、スクリーンショットもスマホのもので失礼します。「チョー変身」のサイトをひらくと、このように大きく「はじめる」と書いてありますので、タップしましょう。








上がノーマルなコラージュで、下が今回追加されたオモコロコラボ分です。今回はこちらで。







写真を撮って、目の位置とクチの位置を調整します。







トリミングしたい部分を指でなぞっていきましょう。この場合、顔全体を塗っていきます。







しばらくすると、チョー変身が完了します。







三つ首の竜になりました。無表情ですね。







オモコロで特集を放ったところ瞬く間に世界中で大ヒットした「チキンマン」にもなれます。







死んでしまいました。オモコロ編集長原宿と永田がべそかいてます。







人の顔みたいに見える天井のシミにも変身することができます。





と、このような感じで21パターンのコラージュが楽しめます。オモコロで使われた画像は、この他にもヨッピーのツタンカーメン玉ねぎ頭になった編集長原宿などもご用意しておりますので、ぜひやってみてくださいね。




 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.03.26 Thursday author :まきの category:お仕事の紹介 comment:- このエントリーを含むはてなブックマーク
プロフィール
  • 原始人
  • 原 健一郎
  • バーグハンバーグバーグのスタッフの工場長。弊社運営のWEBマガジン「オモコロ」では、原宿と名乗っています。好きなおかずは「ご飯と合うおかず」、好きな家は「屋根がある家」です。よろしくお願いします。

    ▶原健一郎のTwitter
    ▶原健一郎のfacebook
  • コラーゲンッピー
  • 柿次郎
  • バーグハンバーグバーグの雑用係として、時給400円で雇われた柿次郎です。胃腸の弱さには絶対的な自信があります。好きな紙は“給料明細”、嫌いな紙は“督促状”です。

    ▶柿次郎のTwitter
    ▶柿次郎のfacebook
  • アレサンドロ
  • まきのゆうき
  • バーグハンバーグバーグのディレクター。弊社運営のWEBマガジン「オモコロ」では副編集長を務めています。給料は現状サツマイモ2本/月で、何とかやりくりしています。

    ▶まきのゆうきのTwitter
    ▶まきのゆうきのfacebook
  • パンチ
  • 永田 智
  • 代表取締役シモダに「仕事やめ〜や」と言われた翌朝に辞表を叩きつけ、そのままバーグハンバーグバーグへ入社いたしました。好きな髪型はパンチパーマです。

    ▶永田のTwitter
    ▶永田のfacebook
  • 加藤 亮
  • バーグハンバーグバーグの編集者です。もともと肉屋でしたが、豚アレルギーになって肉マスターの道を諦めました。アトピーとぜんそくを治したいので入社したのですが、ひどくなる一方です。

    ▶加藤のTwitter
    ▶加藤のfacebook
  • ARuFa
  • バーグハンバーグバーグに新卒で入社したARuFaです。 平和な森で暮らしていたら、ジープに乗った社長に虫取り網で捕獲されてそのまま入社しました。宜しくお願い致します。

    ▶ARuFaのTwitter
    ▶ARuFaのfacebook
  • かんち
  • 肥満に悩んでいたところ「バーグハンバーグバーグに入れば絶対に痩せられるから!」と誘われて入社しました。福利厚生で輪ゴムがたくさん支給されるのでご飯代わりに毎日噛んでいます。おかげさまで体重が10キロ落ちました。

    ▶かんちのTwitter
    ▶かんちのfacebook
過去の投稿