【報告】オフィスの会議室で、社員が昼寝をしまくる問題について

こんにちは、ARuFaです。



突然ですが、弊社バーグハンバーグバーグに、新たな設備として『会議室』が誕生しました。

床には緑のカーペット、そして壁際には黄色いソファーが階段状に並んでおり、「楽しく会議をしてほしい」という社長の想いを伺うことができますね。




そしてこちらが会議の様子。

この日は「主食が歯磨き粉だったら虫歯にならないのか?」という議題に社員一丸となって向き合い、2時間の討論の結果「歯磨き粉は食べ物ではない」という結論に至ることができました。

会議は終始和やかなムードで、どうやら社員達も階段状に並べられたソファーのおかげで気楽に話すことができたようです。




…とはいえ、問題もあります。

この新しくできた会議室のソファーは居心地が良すぎてしまい、社員が業務時間中に寝まくってしまうのです。

会議室が出来た当初は、段差のあるソファーに座る社員達が「ハンター×ハンターの幻影旅団みたいだ」という話も出ていましたが、幻影旅団がこんな打ち上げられたトドのような格好で寝るワケがありませんよね。

というわけで今回は、このだらけきった内情を世にリークするために社員の寝相を盗撮しましたので、それぞれの寝相を観察してみましょう。







まず、弊社の部長である山口の寝相は、『THE 昼寝』といっても過言ではないスタンダードな寝方。

とはいえ、スタンダードに寝たからと言って何かが肯定されるわけもなく、むしろ「仕事中にスタンダードに寝るなよ」と思ってしまうのが正直なところでしょう。




お次は弊社のディレクターである加藤。

まるでこちらを誘惑するかのように挑発的な寝相は、さながら森の妖精ピクシーのようです。

よく見ると目が半開きなのもポイントが高いですが、それが何のポイントなのかは不明なので実質0点です。




今年弊社に入社したギャラクシーに関しては、完全に安らかに眠っています。

丁寧に組まれた両手といい、綺麗なお顔といい、ここまで生命力の無い寝方をされてしまうと何も言えません。

目が覚めるといいですね。





そして、バーグ唯一の女性社員である甲斐は、毛布に包まって寝るのが好きなようです。

その横にはノートパソコンとお茶が2本置いてあり、会議室を自分好みの快適な場所にカスタマイズしているようですね。

とりあえず、そういうことは家でやって下さい。








…そして原宿柿次郎まきのの寝相はこのような感じ。誰もがスヤスヤと気持ちよさそうに眠っています。

しかし、実は弊社にはこれらの社員を遥かに凌駕する寝方をする人物が、一人おります。





それが、弊社のクリエイティブディレクターである永田です。

すごくないですかこれ。仕事中に、そして会社でここまで堂々と昼寝ができるのは彼くらいでしょう。

身体にまとった毛布からは神々しさすら感じることができ、社内備品であるクッションを独占する様子は、まるで盗賊のような貫禄すらあります。



……ん?


……『盗賊』?






もしかして……




もしかしてこれ……













ちがうか。


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.12.08 Tuesday author :ARuFa category:雑談 comment:- このエントリーを含むはてなブックマーク

社員旅行に行ったのにめちゃくちゃ冷めた表情になってしまった一つの理由




こんにちは、バーグハンバーグバーグのまきのです。

先日、会社をサボって社員全員で伊豆へ一泊二日の旅行に行ってきました。6月にも一人をのぞく全員でインド旅行に行ったのですが、その舌の根の乾かぬうちに、です。しかし、写真を見返していると、↑のように、わたしの顔が完全に冷め切っておりました。

何でこんなに冷めているんだろうと思って他の写真を見返していたのですが、理由はすぐに理解(わか)りました。












こいつです。同僚の加藤です。彼は旅行の時になると決まって気が狂うのです。






こちらはインドに行った時のもの。タートルズのトランクス一枚にボロ布を頭と首に巻いただけの姿に、インド人さえドン引きしていました。

そんな彼の写真とともに今回の伊豆旅行を振り返ってみましょう。







今回宿泊したのは伊東市の「暖香園」さんでした。温泉でひとっ風呂浴びたあと、揃いの浴衣で宴会です。







宴会での料理は、お刺身、酢の物をはじめ、固形燃料で温める一人分の鍋、天ぷらなど、「社員旅行の宴会」が100%楽しめました。こういったベタな体験は普段あまりしないので、とても新鮮でした。







ちなみに加藤はこの日、サービスエリアで牛串を食べたらソースがシャツのお腹の部分についてしまい、トイレでその部分を水で濡らしたところ、お腹が冷やされて一気に体調が悪くなったそうです。病弱すぎるのに、このようにカメラを向けると元気ハツラツな様子でした。








ウコンを飲んで…







元気100倍です。

この時点で皆さん完全に飽きてると思いますが、もうちょっとだけ続きますのでお付き合いください。







美味しい料理に舌鼓を打ったあとは、皆で海を眺めに行きました。静かな夜に、波の音だけが響き渡るとても心地よい空間です。







さらに数年ぶりに花火も。シュワシュワと火花を散らす姿が夏の終わりを感じさせ、寂しくもありましたが趣も感じられました。花火って、いいですね…。







一夜あけました。加藤自身の体調は寝たら治ったそうなのですが、現存する写真の様子からそもそも体調が悪かったのかどうかすら疑わしくなりました。







二日目は富士サファリパークへ向かいました。すぐそばで大きめの動物が見れる施設があるというアレですね。







その前にいったん小さな食堂でお昼ごはん。カツカレーがおいしかったです。







サファリパークに到着です。乗ってきた車のままサファリゾーンに突入すると、ライオン、ゾウ、トラ、キリンなどの大型動物たちが間近で見ることができ我ら年甲斐もなく大興奮。いくつになっても猛獣たちを見るとワクワクしますね。







サファリゾーンを抜けたあとは、大きな公園エリアがありました。ここでご飯を食べたり小さな動物と触れ合ったりできるみたいです。







かわいいワラビー(↑)、アルパカ、レッサーパンダ、カピバラなど、愛くるしい動物たちがサファリゾーンより近くで見ることができ、癒やされましたね。























そらこんな顔になるわ。



(おわり)
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.10.08 Thursday author :まきの category:雑談 comment:- このエントリーを含むはてなブックマーク

【漫画】おいなりさん

こんにちは、原宿です。昔オモコロで描いた「おいなりさん」という漫画を久しぶりに描きました。こんな絵でも、中学の時は「マンガイラストクラブ」に所属していたんです。


甘辛いツユがよーく染みた、おいなりさ〜〜〜ん!!!!




-----





「ほいーす。おいなりっす。みんなおいなり食べてる? ガリも残さず食べてる?」







「最近ね、おいなり物欲すごくて。昨日もビックロで買っちゃいましたわ」










「これ! “寿司PHONE”!










「超いいすわー。今時コードレスじゃないってのが逆に、ね。味ですわな。最高〜」









リリリリリリ……


「おや、さっそく着信。変やね、まだ誰にも番号教えてないんやけど……」











ガチャ


「はい、もしもしおいなり」


「………」


「もしもしー? どなたー?」


「……いな、ちゃん」



「………」


「いなちゃん?」


「なんやお前か、もう電話すんな言うたやろ。迷惑なんやって」


「だって……いなちゃん急に連絡とれなくなっちゃうし。番号も変わってて、私どうしたらいいかわかんなくて……」


「どうしたらって、だからずっと言うてるやん。お互いもう何の関係もないんやから……って、もうこの話何回目? 何億回目?」


「ごめん……」


「堂々めぐりやで、こんなん。なんべんおんなじこと繰り返すんよ。お互いもっと時間の使い方考えようや」


「でも、私そんな急に変われないよ。いなちゃんは勝手だよ」


「え? じゃあなに? おいなりだけが悪かったん? おいなりが全部悪者になればええの? そしたら満足してくれるん? せやんな? そういうことやねんな?」


「そうは言ってないけど……」


「いや、だったらええやんもう! 何の時間なんよこれ。こういうのが嫌やから電話したくないねん。こっちはもう話すことないねん」


「ごめん、ごめんね。でも今日はどうしてもいなちゃんに言わなきゃいけないことがあって……」


「なに? じゃあもうはよ言ってくれる? 前フリとかいらんからもう。録画した『世界まる見え』、はよ見たいねんこっちは」


「うん。実はね、私……」








「かんぴょう巻いちゃった」










「こないだかんぴょう検査したらね……………陽性で…………」






「だからいるんだよ? もう。私といなちゃんで巻いたかんぴょうが、ここにいるの………………」






「もしもし? もしもし……? いなちゃん………? いなちゃん!? おい! おいなり! 聞いてんのかテメェ! どうすんだよ! どおすんだよっ!!!!!」






























このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.09.11 Friday author :原宿 category:雑談 comment:- このエントリーを含むはてなブックマーク

カメラが水没したら赤ちゃんになれた話

こんにちは、かんちです。
皆さん、今年の夏休みは楽しく過ごせましたか?

お盆以降なんだかどんよりした空模様が続いておりますが、私の心もずーっと曇り空でございます。

というのも、夏休みに家族で水族館に行ってきたのですが、



息子にナマコとヒトデを持たせてハイポーズ!

なんて写真を撮ったら・・・












 
壊れました。





中のデータは残っていたものの、カメラ本体は電源が入らなくなり、レンズは内部に水が入ってレンズ型の水筒に。

修理の見積もりを出した結果、



カメラ本体の修理だけで55,382円、レンズは修理不可とのこと。だったら直さないでカメラ買ったほうがいいんじゃない?という話になり、新しいカメラを探すことにしました。








弊社には撮影で使っているカメラが数台あるので、参考までに他の社員にオススメの機種を聞いてみました。







加藤「スマホで十分だと思います」






柿次郎「前と同じCanonのカメラでいいんじゃない?どうせまた壊すと思うけど」






まきの「SONYのα7がオススメかな。値は張るけどフルサイズ機にしては安いし」







まきの「被写体を自動で判別して最適な設定で撮影できるモードもあるからこれいいよ!試してみよっか」





ということでなぜか服を脱ぐよう指示されました。






まきの「ヒゲ邪魔だからこれで剃って」






モリモリモリモリ






バーーーーーン!!!!!!











仕上げとして全身にローションを塗られました。
サービス料5万5千円だそうです。






















これで準備が整ったらしいので、被写体を自動判別する機能を試してみます。










ピピッ





















赤ちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.09.07 Monday author :かんち category:雑談 comment:- このエントリーを含むはてなブックマーク

全面プリントができるTシャツ制作サイトで、世界に一つだけのTシャツを作った件




*********





こんにちは、まきのです。健康ですか?

わたしがよく利用する通販サイトで「Society6」というものがあります。






自分で作った絵をそのまま商品にして販売することができるのですが、その種類が尋常ではなく、Tシャツ、パーカー、iPhoneケースなどはもちろん、クッション、マグカップ、シャワーカーテン、掛け時計などまで作れるという完全にやばいサイトです。





ためしにTシャツを見てみても、どれもこれもオシャレ。「ここからここまでぜ〜んぶ欲しい!!!!」と思わせる魅力があります。

そんなオリジナルTシャツが作れるこのサイトなんですが、タイトルにもある通り、最近「全面プリント」ができるようになったからもうその勢いは止まりません。





全面になったことでより一層オシャレに、派手に、枠にとどまらずにクリエイティブが表現できるようになり、全部ちょうだい!お願い全部ちょうだい!!となってしまいます。



かくいうわたしも、オモコロでずっと描いてるキャラクター「うさねこ」のTシャツを作ってみました。



↑画像クリックで商品ページに飛べます

今までに描いた4コマが全面にあしらわれ、めちゃんこかわいいですね。








ただ、よくよく考えてみたらちょっとヤバさもあるのが正直なところ。作者とはいえ、これを着て街に出かけたいとはあまり思えません。







もうちょっと奇抜な、自分にしか着れないようなものは作れないだろうか・・・。

















































というわけで、「俺Tシャツ」を作りました。奇抜です。遠くからでも自分であることがすぐに分かりそうですね。












制作コストは0円。販売価格は34ドル(約3500円)とTシャツにしては少し値が張りますが、しっかりとした着心地で優しく肌を包み込んでくれます。












そして、体をさまざまにひねることで、豊かな表情を作り出すことが出来るのが俺Tシャツ最大の特徴でしょう。カメラに映る時はいい笑顔がなかなか作れないので、本人よりも顔のバリエーションがあるのではないか?と少し焦っております(笑)。












せっかくなんで、このまま外出してみました。多くの外国人が観光目的で集まる浅草です。












平日にも関わらず、本当に多くの人が訪れており、また言語もさまざま。本当に人気の観光スポットであることを再認識しました。ちなみに今お気づきになったかと思いますが、こちらは両面プリントになっております。












わたしのオススメは浅草九重の「揚げまんじゅう」。ホクホクあっつあつでおいしいんですよね!甘いものが好きなので、カスタード味にしてみました。うんめ〜〜。












下のお口は頑なに拒んでいました。「上の口では嫌がってても下の口では正直じゃねえか」という言葉は眉唾だったのかもしれませんね。












雷門、仲見世を通った先にあるのは、もちろん浅草寺(せんそうじ)。東京都最古のお寺で、観音菩薩を本尊とすることから「浅草の観音様」と親しまれています。











煙を体の悪いところにあてるとよくなることでおなじみのアレも、しっかり頭に。天然パーマが直るといいですね。












今年も後半にさしかかりましたが、楽しく過ごせますように…。












それでは皆さんさようなら。


































わたし以外が着ると完全に気が狂った人になるので…と言おうと思ったんですが、自分が着ても完全に気が狂ったクソナルシストみたいに見えました。二度と着ません。下記リンクから購入できますが、絶対に買わないでください。

>>俺Tシャツの購入はこちらから<<
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.07.24 Friday author :まきの category:雑談 comment:- このエントリーを含むはてなブックマーク
プロフィール
  • 原始人
  • 原 健一郎
  • バーグハンバーグバーグのスタッフの工場長。弊社運営のWEBマガジン「オモコロ」では、原宿と名乗っています。好きなおかずは「ご飯と合うおかず」、好きな家は「屋根がある家」です。よろしくお願いします。

    ▶原健一郎のTwitter
    ▶原健一郎のfacebook
  • コラーゲンッピー
  • 柿次郎
  • バーグハンバーグバーグの雑用係として、時給400円で雇われた柿次郎です。胃腸の弱さには絶対的な自信があります。好きな紙は“給料明細”、嫌いな紙は“督促状”です。

    ▶柿次郎のTwitter
    ▶柿次郎のfacebook
  • アレサンドロ
  • まきのゆうき
  • バーグハンバーグバーグのディレクター。弊社運営のWEBマガジン「オモコロ」では副編集長を務めています。給料は現状サツマイモ2本/月で、何とかやりくりしています。

    ▶まきのゆうきのTwitter
    ▶まきのゆうきのfacebook
  • パンチ
  • 永田 智
  • 代表取締役シモダに「仕事やめ〜や」と言われた翌朝に辞表を叩きつけ、そのままバーグハンバーグバーグへ入社いたしました。好きな髪型はパンチパーマです。

    ▶永田のTwitter
    ▶永田のfacebook
  • 加藤 亮
  • バーグハンバーグバーグの編集者です。もともと肉屋でしたが、豚アレルギーになって肉マスターの道を諦めました。アトピーとぜんそくを治したいので入社したのですが、ひどくなる一方です。

    ▶加藤のTwitter
    ▶加藤のfacebook
  • ARuFa
  • バーグハンバーグバーグに新卒で入社したARuFaです。 平和な森で暮らしていたら、ジープに乗った社長に虫取り網で捕獲されてそのまま入社しました。宜しくお願い致します。

    ▶ARuFaのTwitter
    ▶ARuFaのfacebook
  • かんち
  • 肥満に悩んでいたところ「バーグハンバーグバーグに入れば絶対に痩せられるから!」と誘われて入社しました。福利厚生で輪ゴムがたくさん支給されるのでご飯代わりに毎日噛んでいます。おかげさまで体重が10キロ落ちました。

    ▶かんちのTwitter
    ▶かんちのfacebook
過去の投稿